ダウンタイムが短い鼻整形もあります【いわゆるプチ整形】

ウーマン

鼻のコンプレックス解消へ

鏡を持つ人

鼻の形に合わせた方法

美容整形では、理想的な鼻を形作る鼻整形を行っています。鼻整形はメスを使って行うものばかりではありません。ヒアルロン酸の注入など、メスを使わなくても鼻の形を変えることができるのです。鼻整形の方法には複数あり、変えたい鼻の形によってそれに合った方法が取られます。鼻を高くしたいのであれば、鼻筋にシリコンプロテーゼを挿入したり、鼻先にヒアルロン酸を注入していく方法があります。シリコンプロテーゼは自然な柔らかさで、患者の鼻に合わせて形成することができます。ヒアルロン酸注射も自然な鼻の高さが実現でき、定期的に受けることで状態が維持できます。他にも、大きい小鼻を小さくしたい場合は、鼻の内側から切開して縮小していきます。鼻筋の横幅が気になる場合は、余分な骨を削って細くします。団子鼻の場合は軟骨を切除し、わし鼻は出っ張りのある骨を切り取って真っ直ぐな鼻筋へと整える方法が行われます。同じく鼻筋が曲がっている場合にも、鼻の骨を整えたり、シリコン挿入やヒアルロン酸注射で矯正していく方法もあります。鼻整形はヒアルロン酸注入以外は、基本的に半永久的な効果が望めます。メスを使う手術では術後はダウンタイムもあるため、アフターサービスが行き届いたところを選ばなければいけません。

鼻の見た目の重要性

鼻は顔のパーツの中でも、老化を感じさせない状態が続くところです。つまり、鼻の形は一生変わることはありません。このため、鼻の形にコンプレックスを感じる場合は、鼻整形を受けていくことで一生続くような悩みも解決されます。鼻は顔のバランスを左右する部分でもあり、それぐらい重要な存在でもあります。鼻は、骨と軟骨によってその形が作られています。鼻筋となる部分は骨が形成しており、この部分を眉間から中間にかけて鼻根部、鼻背部と言います。そして軟骨の部分は、鼻先の鼻尖部と鼻の穴の中間にある鼻柱部、鼻の穴の周辺が鼻翼部となります。脂肪も多少付いている場合もありますが、ほとんどないために年を取っても形が変わらないのです。鼻整形は骨と軟骨を整え、他の方法で矯正していく方法が主です。鼻整形は違和感のない自然な見た目にもこだわりを追求するので、鼻だけが浮いてしまうような見た目にはなりません。鼻を扱う以外にも、鼻を引き立たせる方法も行われます。眉間やあごにシリコンプロテーゼを挿入していけば、凹凸のある見た目で鼻が強調されます。鼻の形には満足していても、それが目立たないようであればこういう方法で引き立たせることもできるのです。