ダウンタイムが短い鼻整形もあります【いわゆるプチ整形】

ウーマン

鼻の整形で綺麗になろう

医師とナース

安定するまでは圧迫に注意

鼻整形ではヒアルロン酸などで形を作るので、整形を行った後に触ったりぶつかったりしても大丈夫なのかということが心配されます。ちゃんとしている整形外科であれば、整形後に触ったりぶつかることがあっても形が崩れることはないといわれています。ただ整形した直後や整形後の数日間は不安定な状態なので、指やメガネなどの接触は変形する可能性があるので控えた方が良いとされます。触らない方が良いといっても神経質になる必要はなく、圧迫でなく軽く触れる程度であれば問題ないです。整形後、鼻の圧迫に注意すべき期間は3日ほどです。鼻整形は日常的な生活に支障は出にくいのですが、不慮の事故が起こらないようにいつもと違うことはしない方が無難です。鼻整形でヒアルロン酸ではなくシリコンを用いた場合は、不安定な期間が1週間ほどあります。ヒアルロン酸でもシリコンでも、1ヵ月以上経てばしっかりと安定します。安定したら、整形なしの鼻と同様の耐久性になります。ボクシングなどで顔を強打することがない限りは形が変形する恐れはないので、洗眼やメイクなどは普段通りに行うことが可能です。鼻整形の際に気を付けることは、整形直後から3日間〜1週間は不安定な状態なので圧迫に用心すること・1ヵ月が経過するまでは完全な安定とはいえないので注意することです。

シリコンより安全性が高い

鼻整形で主流となっているヒアルロン酸注射は、シリコンと比べてメリットが多いので人気があるようです。メリットとしては、メスを使用しないので傷跡や整形後の痛みや腫れの心配がない・施術時間が10分程ですぐ終わる・アレルギー反応を起こす可能性が低いなどあります。ヒアルロン酸は年月をかけて体内に吸収されるので定期的にメンテナンスを行う必要はありますが、最近では吸収が遅くなるよう工夫されたヒアルロン酸も登場しています。鼻整形をしたい理由は人それぞれだと思いますが、顔にメスを入れることはしたくないと考える人は多くいます。ヒアルロン酸注射はそのような不安を取り除いた鼻整形方法で、メスを使用することなく短時間で鼻整形が行えることが魅力です。また他の整形方法より自然な形で盛り上がるので、整形をしたことが目立たないといわれています。ヒアルロン酸を用いた鼻整形が向く人は、少しの時間しかとれない人・休みの日がとれない人・腫れや痛みは嫌・メスは怖い・自然な形に仕上げたい人などです。整形に取り掛かる前にカウンセリングを行い、施術を受ける人が望む理想的な鼻を医師がよく知った上でどのように注射するのかを説明してくれます。