ダウンタイムが短い鼻整形もあります【いわゆるプチ整形】

婦人

すっとした鼻筋に

先生

鼻整形には、大きく分けて二種類の方法があります。それは、ヒアルロン酸注射とシリコンプロテーゼの挿入です。ヒアルロン酸注射による鼻整形の特徴は、低価格であること、安全性が高いこと、出来上がりが自然なこと、痛みが少なく傷跡も目立たないこと、持続性は低いことです。ヒアルロン酸注射は体内にも存在する成分のため、非常に安全性が高いという特徴があります。注射するだけなので、痛みもごくわずかであり傷跡もほとんど目立ちません。施術後のダウンタイムもほとんどなく、翌日からほぼ通常通りの生活をおくれます。料金も安く、プチ整形の範疇に入る鼻整形といえるでしょう。ただ、ヒアルロン酸は体内に徐々に吸収されていくので、半永久的な持続性は見込めません。それでも一年間は持続性があるので、たいていの人には十分でしょう。一方、シリコンプロテーゼによる鼻整形の特徴は、料金は比較的高額であること、半永久的な効果があること、外人のようなすっとした鼻にすることも可能なこと、ダウンタイムが多少あることなどがあります。ヒアルロン酸注射と比べると、半永久的な効果が得られるかわりに費用がかかり、ダウンタイムが多少発生するという特徴があります。しかし傷跡はほとんど目立ちませんし、半永久的な効果があるため長期的にみるとお得ともいえます。

鼻整形をする際には、自分がどのような鼻になりたいのかをしっかりイメージし、担当ドクターとしっかり話をすることが大切です。自然な形にしたいという場合や、ダウンタイムが短い方がよいという場合、予算が少ない場合などはヒアルロン酸注射が向いているでしょう。半永久的に鼻の形を理想的な形にしたい場合や、すっと通った高い鼻筋にしたい場合はシリコンプロテーゼによる整形がいいでしょう。シリコンプロテーゼの場合は、クリニック選びも大切です。たいていの場合鼻の内側を切開するため、傷跡は目立ちません。ですが、麻酔を必要とする切開手術を行う以上、腕の確かなドクターとクリニックを選ぶようにしましょう。事前に考えられる危険性についてや、副作用についてきちんと説明をしてくれるクリニックやドクターを選ぶべきです。万が一のときの保証についても事前に確認しておくことをおすすめします。また、数日は腫れがでることがあるので、スケジュールには余裕をもって手術を迎えるとよいでしょう。可能ならば一週間ほど休みがとれるタイミングが望ましいです。難しい場合は三日ほどは休めるように準備しましょう。鼻整形後はマスクやメガネなど鼻に負担のかかるものは使えないので、休みのタイミングも考えて手術予定をたてましょう。

鼻の整形で綺麗になろう

医師とナース

鼻整形で人気がある方法はヒアルロン酸注射で、手術のように施術後の腫れ・痛みの心配がなく短時間で自然な形に仕上げることができます。定期的なメンテナンスは必須ですが、最近は長期間保たれるヒアルロン酸が開発されているのでメンテナンスまでの期間が昔に比べ長くなっています。

もっと読む

鼻のコンプレックス解消へ

鏡を持つ人

鼻整形では、いろいろな鼻の形に合わせた方法で行われます。鼻の高さを出したかったり、団子鼻やわし鼻を解消したい場合にも鼻整形は効果的です。基本的に鼻の形は一生変わらないため、本気で悩む場合は鼻整形を検討してみるのもいい方法です。

もっと読む

良い改善策

笑顔の医者

鼻整形に抵抗を感じている人も多いのでしょうが、最近では隆鼻注射などと呼ばれるような、簡単な方法もあるので検討しておくと良いです。先生との相性は大切なので、他人の意見も参考にしながら、実際に話をして確認しておきたいです。

もっと読む

鼻筋を整えるには

ウーマン

美容整形外科で行われている鼻整形には、プロテーゼ隆鼻術や耳介軟骨移植による隆鼻術などがあります。鼻整形の中にはヒアルロン酸注入によるプチ隆鼻術もあり、3万円程度の料金で手軽に鼻を高くすることができます。

もっと読む